紫外線が気になる季節ですが、カットする方法

トマトのリコピンが紫外線カットに有効

意外に思われるかもしれませんが、トマトに入っているリコピンが紫外線カットに有効です。トマトをよく食べる人は、食べない人に比べて紫外線を30パーセントぐらいカットできます。なお、トマトは赤い方がリコピンはたくさん含まれていますので、お店で買うときには、赤い物を選んで買うようにしましょう。また、トマトは、夏野菜ですので、夏の今が旬の野菜です。今、たくさんとれる時期ですので、安く手に入ります。暑い日には冷やしたトマトはおいしいです。

紫外線対策には肌を露出しないことが基本です

暑いですが、紫外線対策には、肌を露出しないことが基本です。ですから、服でも白くて風がよく通る素材の服にして涼しく過ごすことが大切です。特に服を買うときには店員さんに尋ねてみると詳しく説明してくれます。また、直接、太陽の光を浴びないためにも日傘を使うことも有効な手段です。日傘で、陰を作れば紫外線をかなりカットでき、日焼けを防止することができます。さらに、日傘によって直接、太陽光を浴びないので涼しく過ごすことができます。

窓から差し込む太陽光にも注意です

自宅で過ごしているから紫外線対策をしなくて大丈夫だろうと考えてしまう方もいるかも知れません。しかし、夏の太陽光はじりじりと照り付けます。その結果、家の窓から差し込む太陽光からも紫外線に当たってしまうのです。でも、部屋の中は、窓側以外では、太陽には当たりませんので、できる限り太陽の当たらない場所にいることで紫外線対策ができます。でも、窓際でうっかり昼寝などしないように気をつけて下さい。特にエアコンのある部屋では、室温は下がっていても窓からの紫外線は入ってきます。

品川美容外科の死亡について詳しく